Original

注意!!死亡数急増のヒートショックってなに?原因と対策を紹介!

 

こんにちは。

編集部の木村です。

 

最近本当に寒いですよね。

気温が低い時期に増える「ヒートショック」ってご存知ですか?

お風呂での急死は交通事故死の約4倍にもなるそうです。

 

寒い季節の今、気を付けてほしい“ヒートショック”とは何か、原因と対策を紹介します!


 

この記事の目次

 1.ヒートショックとは?

  1-2.ヒートショックの原因

  1-3.ヒートショック対策

 

ヒートショックとは?

ヒートショックとは急激な温度変化によって体に与えられるショック現象のことを言います。

冬場に暖かいリビングから浴室へ移動した際など温度の急な変化で血圧が急変動し、心筋梗塞や不整脈脳梗塞などを引き起こす恐れがあります。

ヒートショックで死亡する高齢者数は年間で約1万人にものぼります。

ヒートショックの原因

ヒートショックは血圧の急激な変化で起こります。

 

1、暖かい部屋から寒い浴室へ→寒さで血管が収縮し血圧が上がる

   寒い浴室

2、冷えた体で熱いお風呂に入り温まる→血管が拡張し血圧が下がる

  お風呂のぼせる

3、温まった体で寒い脱衣所に行く→血管が収縮し血圧が上がる

      寒い脱衣所

 

 

こういった血圧の変化がヒートショックを引き起こします。

特にヒートショックの影響を受けやすいと言われているのは高齢者・肥満気味の方・高血圧や糖尿病の方ですが、これに該当しない方にも起こりうるので注意が必要です。

 

ヒートショック対策

1、暖房器具を使う  浴室 暖房

一番は浴室や脱衣所を冷やさないために暖房器具を使いあたためておくことで対策ができます。

ですが日本は外国に比べて浴室に暖房器具を設置していない家庭が多いので、その場合は以下の方法を実践してみて下さい。

2、シャワーでお湯をはる シャワー

湯船にお湯をはる際にシャワーでお湯をはることで、蒸気が浴室全体を暖めてくれるので急激な温度変化を防ぐことができます。

また、シャワーでお湯をはるのが面倒だという方は、湯船のふたを開けてしばらく置いておくだけでも近い効果が得られますよ。

3、食後や飲酒後は入浴を避ける 食後

食後や飲酒後は血圧が下がりやすいため、1時間は時間を空けましょう。

夕食前に入浴を済ませておくと忘れることもなく安心ですね。

4、一番風呂は避ける 浴室 寒い

 

先程紹介したヒートショックの影響を受けやすい方は、寒い季節は一番風呂を避けるようにしましょう。

一番風呂は浴室が冷えていて、お湯の温度が高いため危険です。

 

ヒートショックは怖いですが、寒い季節は体が冷えるのでお風呂で体を温めることも大切です。

しっかり対策をとってお風呂に入るようにしましょう。

 

またこどもは無料⁉守口市内の銭湯をご紹介!の記事では、親子で守口市の銭湯をお得に楽しめる方法も紹介していますので是非ご覧ください!

 

寒い季節、ヒートショックに気を付けてお風呂を楽しんで下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木村

木村

守口市に住むママ、主に子育てコーナーを担当。 「8ヶ月の娘を持つ母です。ママとして気になる事をママ目線で書いていきます!」

お問い合わせ

・「○○について調べて!」といったリクエスト
・誤字脱字のご指摘
・掲載内容の修正
に関するお問い合わせは、下部のボタンをクリックしてお問い合わせください。


広告掲載のお問い合わせ

「取材しに来て欲しい!」 「イベントに関する記事を掲載して欲しい!」 といったお問い合わせはコチラのボタンからお願いします。